2016/11/14

初の海外イベント出展 2

前回の続きです。


前日の足裏マッサージの揉み返しで目が覚めた台湾二日目。

朝食に降りてきたO氏が若干疲れてる。

昨夜散歩に行ったけど道がわからず3時間さまよったらしい。。

だからwifi持って行けよって言ったのに。。。

通訳のT氏にも最初にホテルの名刺渡されてたをさまよって帰ってきてから気が付いたと。

今日の搬入が午後からという事で午前中はベタな観光へ

台北で一番古い龍山寺へ

このお寺は大陸福建省泉州から渡ってきた

漢民族の移民たちによって創建されています。

台湾語は元々福建省の方言が派生して生まれたそうです。

今は北京語が公用語です。


ついつい造形を見てしまうんですが素晴らしい。。


台湾の方は信仰心が強く清掃などはボランティアの人がすべてやってます。


さて、お昼どうすっか・・

ってことで小籠包。


 大量の生姜を消費して火照った身体をかき氷でクールダウン


アイスモンスターというお店。


触感は綿あめ(昭和の僕にはわたパち)に近いかな。。おいしいですが量が多い。

全然仕事をしに来た感じがありませんが

一度ホテルに戻りいざ出店会場へ


ぶっちゃけなめてた 笑

でも会場に入ってみたら物販ブースは

日本のカスタムショーと同程度のか、それ以上の気合の入り方。

ハーレーは数台だったけどレベルが・・・

フル彫金恐るべし







O氏に言わせるとただボルトオンしてるわけじゃなくて

パーツの特性を理解してきっちり作ってるらしい。(ボクワカラナイ)

搬入を終わらせて

夜は主催者の陳さんが懇親会を開いてくれました。

7thスタッフの横にはムーンのしげさん、ワイルドマンさん

貴重なお話を聞くことが出来ました。



台湾の夜は長い



明日が本番なのにね・・・。

次回はイベント当日。

それではまた

2016/11/11

初の海外イベント出展

11月6日に台湾のFree Biker Magazineさん主催のイベントに出展させていただきました。

相変わらず段取り悪く、展示用に商品が全く終わらず結局眠れずそのまま出発。


今回は友人である
パラサイト
アウトキャスト
某VM誌のS氏

それと7thスタッフ含めて5人

プラス現地に先に行っていた通訳のT君

羽田に5時半集合で早速チェックイン

7th2人はさっさと終わらせ

残りの3人を待つ・・・・カウンターでずーっと何かを話してる

現地で配るパラサイトのフライヤー(25キロ分)が重くて重量オーバー?

でも3人いるから大丈夫でしょうとずっと待つ。

やっと終わったと思ったら

P『あ、すいません、Sがマジで出国出来ません。』

俺『はぁ?』

S『・・・。』

O『笑』

P『パスポートの有効期限が3日足りないっす。』(台湾のビザは3か月)

S『・・・。』

みんなで一度確認すればよかったな・・。


出発前から1人脱落するという アメリカ横断ウルトラクイズ的なスタートでした。

4人は無事に台湾に到着

通訳のT君と合流して お昼という事もあり小籠包を食べに!!

行けなかったS氏にも小籠包を食べさせてあげました。


昼食後は 中正紀念堂へ (日本統治時代の山砲隊、歩兵第一連隊の軍用地跡地

台湾の歴史を調べると日本との関りが深いと感じます。


蒋介石の銅像がでかい。
北斗の拳や魁男塾に出てきそうなでかさ。


社会科見学のあとは

台湾での取扱をしてもらっている

イベントの出展もお店の協力がなければ実現しませんでした。感謝感謝


台湾にもショベルはあるそうです。
ただ現在は古いバイクは輸入できないみたいで
アメリカ軍が駐留してた時に置いて行ったものが現存しているだけでかなり貴重なものです。

挨拶も終わりお腹も減ったので

晩御飯も小籠包

S氏もおいしそうに食べてます。


初日を疲れを取るためホテル近くのピンクっぽい足裏マッサージ店へ

カウンターのキャンギャルみたいな女の子に案内され

ドキがムネムネしながら待ってたら

出てきたのはハゲたリアルマッサージ師

旅の疲れだけは取れたので良かったという事に。



寝る前にホテル前のセブンイレブンへ買い物。

玄関前で眠れず散歩に出かけるアウトキャストに遭遇

俺『wifi持った?』

O『この周りをぐるっと散歩するだけなので大丈夫!』

俺『じゃ大丈夫だね~ではおやすみ~♪』

殆ど寝ずに過ごし妙なテンションのまま初日は終了。


2日目に続く。

2016/10/18

小さいパンヘッドの制作

やっとホットロッドカスタムショーの出店が決まりました。

出店が決定しないと、展示する作品の制作が始められないのでやっと動き出せます。

その時にずらっと並べられたらいいなーって思いまして

ちっさいパンヘッドを制作しています。

実は以前に一台だけ制作したんですが、その車両はミルウォーキーの友人(ウィリーGに合わせてくれた人)のBARに置いてあります。

一点だけなら何とか作れる私ですが、

それを量産体制(やるのは僕一人です)に持っていこうという無謀な挑戦。

量産すると僕の作るマスターピースを100とすると完成品は80ぐらいになります。

それをいかに100に近づけて行くかが課題。

んじゃマスターピースを120で作ればいいじゃんという安易な発想。

そのためには初号機で出来なかったことをやるしかない。


全長5cmのバカミニバイクのために10パーツに分けるという挑戦

1cmのパンヘッドエンジンにエアクリーナーを付けました。

まぁこんなのは日常です。


制作工程は改めて公開していきますので今回はいきなり組みあがってます。

前後のタイヤとステムは動きますよ。


前回はできなかったチェーンも作りました。(回りませんが・・)

クランクケースとミッションケースの間隔、ミッションケースとリア周りの間隔が合わないとプライマリーケースがハマりません。

0.1ミリの世界です。はい、こんなのは日常の通常業務のありふれた光景です。

通常ドリルは0.1mm刻みで売ってますが、

0.55とか1.05の0.05刻みのドリルも使うんですよ。

ジュエリー業界では普通です。


はい、試作品の完成です。

まだキックペダルとリアのウィンカー??がついてないのでこれから制作します。

マウストラップまではつけられなかったな。。
まだまだ技術力がないことがわかりました。


この写真を見て気が付きますかね?

エキパイはエンジン下とフレームの間を通してあるんですよ。

もちろんバラバラで制作してますよ。



ちなみにこれを作るのに3倍のシルバーを使います。

全然エコじゃない。


販売するにあたって

作品を『商品』としてお客様に販売させて頂くために

100個作ったら100個同じレベルで完成させられるように

制作の練習をします。

各パーツの精度を最大限まで引き上げてから販売開始となります。


下手すぎてお蔵入りにならないように頑張ります。

販売は11月中旬を予定しています。

それではまた。